ルミガンを選んだ理由

マツエクとルミガンの副作用の比較

マツエクとルミガンの副作用の比較

 

 

自まつ毛の成長が驚くほど実感できると評判のルミガンはとても人気です。
しかし、即効性に優れたマツエクも今だその人気は衰えていません。

 

 

 

どちらを利用したらいいのか、迷っている方も多いようですから、一番不安に感じる副作用を比較してみましょう。
まず、マツエクの副作用についてですが、近年多くのトラブルが確認されており、ニュースでも連日取り上げられているほどです。

 

 

 

技術力や衛生管理体制が乏しいサロン等で行なわれている施術によっては、まぶたの炎症、眼球の損傷、アレルギー、視力低下といったトラブルが発生しています。
また使用されている接着剤の成分による皮膚や目の影響も深刻です。

 

 

 

一方、ルミガンは、本来緑内障治療に使用されている点眼薬である為、目に直接使用しても大きなトラブルがないのが特徴的です。
その安全性については、アメリカFDAでも実証されていますので、それほど心配することはないでしょう。

 

 

 

ただ、ルミガンによる副作用が全くないというわけではなく、人によっては、目の充血、乾燥、まぶたの色素沈着、眼精疲労、かゆみといった報告があります。
ビマトプロストの成分によって何かしらのアレルギーが起っていると考えられる為、ルミガンの使用を一時中断することで、深刻なトラブルを避けることができます。

 

 

 

また用量、用法を守り丁寧に利用することによって、副作用の危険も軽減できるでしょう。
これまでルミガンによる視力低下等の報告もありませんので、安全性は極めて高いと考えられます。

 

 

 

以上のように、どちらが自分にとって適しているものかをよく考えて、利用するようにしましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ