性病の種類と薬

バルトレックス

初期症状に効果を示すバルトレックス

ウイルスの中にヘルペスウイルスというものがあります。ヘルペスウイルスは、皮膚などに赤い水ぶくれのようなものを作るのが特徴です。ヘルペスは体力が落ちると共に免疫がなくなった時に起こる病気だと言われています。細胞とウイルスって違うものです。ウイルスは、細胞よりも極小のものであって、細胞に住み着いて増殖していくのです。バルトレックスとは、抗ウイルス化学療法剤なのです。単純ヘルペスウイルスを抑制する作用があります。

 

 ヘルペスってとても恐ろしい病気ですよ。かかってしまった時は出来るだけはやく、ヘルペスウイルスを退治する必要があります。バルトレックスがなかった時にはゾビラックスがヘルペスの治療薬だったのですが、ゾビラックにはすぐに体内で分解されてしまうという欠点があったのです。1日五回もその薬飲まなくてはいけなかったようです。その欠点を改良されて作られたのがバルトレックスなのです。

 

 バルトレックスは副作用が比較的少ない薬だと言われています。下痢や吐き気などの症状が起こる場合もあるようです。医師の指示に従って適量を守ってください。バルトレックスは適量を超えた処方の場合に精神神経症状が現れるケースが報告されています。妄想や混乱、けいれんが起こったりします。この薬は初期症状に効果を示す薬なのです。従って発症して五日が勝負でしょう。それで効果が見れなかった場合には副作用のために他の薬に切り替えるべきです。

ホーム RSS購読 サイトマップ